銀行の評価(格付け)をマスターしてスムーズに融資を受ける方法

銀行からの融資を受ける際に避けて通ることはできないのが、融資の審査です。この審査において重要になるのが、銀行による企業の評価(格付け)です。

評価が低いと融資を受けにくくなるだけでなく、仮に融資を受けられたとしても金利が高くなってしまったりと、資金調達の足かせになります。

では、銀行は企業をどのように評価しているのでしょうか。それが分かれば評価を高めて融資を受けやすくする道筋も見えてくるので、当記事では銀行による評価の仕組みと、評価を高めるためにできることをまとめました。

銀行からの資金調達をスムーズに行いたい経営者の方々は必見の内容です。

1.銀行は企業のどこを評価しているのか

最初に、銀行による企業評価の4大項目について解説したいと思います。この4点に加えて銀行員による人的な評価によって、融資のための評価が決まるとお考えください。

1-1.収益性

最も重要なのが、企業の収益性です。企業がしっかりと利益を上げているのかどうか、黒字決算になっているのかどうかを評価します。

収益性によって評価の大きな部分が占められているので、収益性が低いと判断されると全体の評価も大きく下がってしまいます。

1-2.安全性

経営リスクが高くないかを評価するために重視されるのが、安全性です。負債額と自己資本比率をもとに判断されます。

自己資本比率に加えて、「流動資産÷流動負債」で求められる流動比率、「有利子負債÷自己資本」で求められるギアリング比率が用いられます。

1-3.成長性

企業の成長力を知るには、売上高そのものや売上の伸びがどれだけあるのかが用いられます。売上の伸びは「当期経常利益÷前期経常利益」で求められる経常利益増加率が指標となります。

1-4.債務償還能力

銀行としては融資が返済されるかどうかがとても重要なので、4つ目に評価されるのが債務償還能力です。経営の健全性にも当てはまる評価なので、債務償還年数や現状のキャッシュフロー額をもとに評価されるのが一般的です。

1-5.銀行員が重視していること

上記の4つはすべて、決算書から読み取ることができる情報です。

それに加えて銀行員が自分の目で企業の評価をしている部分があります。銀行員が自ら足を運んで経営者と話し、社内の様子を見ることで得られる方法はたくさんあります。

在庫の様子や従業員の雰囲気、社内にある設備類の稼働状況など、こういった評価は次章でも解説しますが定性評価といいます。

銀行としては融資実績を伸ばしたい本音があるので、決算書以外の部分から融資に前向きな情報を探しているわけです。

2.銀行による評価(格付け)をマスターしよう

ここでは、銀行による評価(格付け)の仕組みや評価が与える影響などについて解説します。いわゆる銀行にとっての「手の内」なので、融資を受ける側としては知っておいて損はないでしょう。

2-1.企業の評価とは

銀行は内部的に、取引先企業のことを10段階もしくは12段階程度の段階を設けて評価(格付け)しています。

この仕組みは行政官庁である金融庁の考え方に基づくものなので、どの銀行も共通で同様の仕組みを運用していると考えて問題ありません。

さらにこの評価にもとづいて銀行は融資先である債務者を6つの段階に区分しています。その区分は、以下の通りです。

  1. 正常先
  2. 要注意先
  3. 要管理先
  4. 破綻懸念先
  5. 実質破綻先
  6. 破綻先

先ほど述べた10段階もしくは12段階の評価は数字が若いほど信用度が高いと見なされるため、評価が1から5など若い数字であれば、上記の「正常先」に該当するといったように符合しています。

これらの語句から伝わってくるのは、下にいくほど融資が難しくなる構図ですが、実質的に融資が受けられるのは①もしくは②です。

③以降は融資不適格なので、この評価になってしまったら資金調達は極めて困難だといえるでしょう。

2-2.評価が融資に与える影響

銀行による評価が高ければ融資を受けやすくなるのは当然として、仮に融資が受けられるとしても評価が低いと条件が悪くなります。

金利が高くなってしまったり、希望する金額に満たない額しか借りられないといった具合です。

2-3.評価はこうして決まる

銀行が行っている評価は、大きく3つのプロセスに分けられます。それぞれ目的や方法が異なるため、1つずつ解説します。

2-3-1.定量評価

定量というのは客観的な数値のことなので、定評評価とは決算書に表れている具体的な数字をもとに行う評価です。

銀行には決算書に記載されている膨大な数値を評価・分析するシステムがあるので、それをもとにスコアリングされ、先ほど解説した格付けを決定します。

決算書から分かるのは、先ほど解説した収益性と安全性、成長性、そして債務償還能力なので、これらをもとに第一次評価として行われるのが定量評価です。

定量評価が占める比率はとても高く、ここで決まった格付けが融資の可否に大きく影響を及ぼします。

2-3-2.定性評価

第一次評価である定量評価に対して、人間による観察力や判断力によって行われるアナログ的な評価が、定性評価です。

経営者や財務担当者と面談することによって得られた情報や、経営者のこれまでの実績、能力、その企業の評判や市場全体の有望性や将来性といった評価が中心になります。

2-3-3.実態評価

第三次評価として行われるのは、実態評価です。「実態」という名称ではありますが、ここで行われる評価は企業の潜在的な返済能力です。定量評価だけでは見えにくい潜在的な要素として、以下のような部分を評価します。

  • 不良在庫
  • 回収困難になっている売掛金、貸付金
  • 所有している資産の含み損、含み益
  • 経営者や関係者の資産状況

これらはいずれも潜在的な資産や負債なので定量評価や定性評価と比べるとウェイトは高くありませんが、こうした部分も評価の対象になることを押さえておいてください。

3.銀行からの評価を高めるためにできること

銀行による評価の仕組みを知っていただいた上で、少しでも評価を高くして融資の審査を有利に進めるためにできることをまとめました。

3-1.積極的に情報提供をする

銀行との関係性を密にしておくことは重要です。信頼関係を醸成しておくことで銀行員からの口添えもしやすくなりますし、銀行としてもリスク削減になります。

ただし、闇雲に担当者と接触する機会を増やすといった属人的なものだけでなく、具体的な数値を伴う情報を提供することで経営の透明性を高めると評価アップが期待できます。

財務情報の積極的な提供の一環として、定期的に試算表を提出することは経営の実態を把握しやすいため有効です。

また、日常的な支払いや入金などに使用する口座を当該銀行に開設しておくことで入出金の情報が伝わりやすくなるため、こちらも有効です。

3-2.資金の使途を明らかにする

融資の審査において銀行が最も知りたいのは、資金の使途と返済財源です。何に使うつもりで、どの財源から返済が可能なのかということです。

資金繰りに苦しいので融資を受けたいというのは使途として不安が大きくなりますが、新規事業への参入や設備投資、企業規模拡大に伴う投資といったように融資をしたお金が新たな利益を生むことが見込めるものでなければ、審査には有利になりません。

銀行が特に使途に対して敏感になるのは、実は資金が赤字補填や粉飾に使われてしまうことを警戒しているからです。

そこで重要になるのが、資金繰りの健全性を示すための資料です。資金繰り計画書を作成して提出するとそれも評価の対象になるため、そこで健全性が認められれば評価を高めることができます。

3-3.税金や公的資金の滞納はご法度

税金をはじめ、社会保険料や光熱費、通信費といった公共料金を滞納していると融資の対象とはなりません。

過去にそういった事実がある場合はもちろん隠すことはできませんが、これから融資を受ける可能性がある場合は、絶対に滞納はしないようにしましょう。

3-4.関連会社との関係に透明性を確保する

融資を申し込んでいる企業以外に、資本関係のある会社やグループ会社などがある場合は、その会社との関係性や業務のすみ分けなどについて明確にしておく必要があります。

なぜなら、融資を申し込んでいる企業だけでなく他のグループ会社などで資金が流用されるのではないかといった懸念が生じるからです。

融資を受けるためだけに設立した会社の財務健全性を高め、そこで受けた融資を別の会社に流用するといったことは実際にできてしまうので、関連会社があると銀行はそういった資金の流れを警戒します。

これを防ぐために、関連会社など資本関係のある会社についても財務状況が分かる資料を揃えて、そういった会社も含めた健全性を伝えることが有効です。

同一グループ内で資金の移動をしたり資金取引をすると上記の懸念が生じるので、そういった取引があっても決算期末にはすべてを終了させてゼロにしておきましょう。

4.まとめ

必要な時にスムーズな資金調達をするためには、融資をする側の銀行がどのように審査をしているのか、そのための評価とは何かといった仕組みを理解しておく必要があります。

当記事ではそのための知識をできるだけ簡潔にまとめて解説しましたので、今すぐ融資の必要がある経営者の方々はもちろん、そうではない方々も日常の取り組みとして評価を高める努力をしていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です