資金繰りが厳しい経営者必見!今すぐできる5つの対策と再発防止法

資金繰りが厳しいとお悩みですか?中小企業の経営者にとって資金繰りのお悩みは尽きませんが、そこにきて2020年は新型コロナウイルスによる自粛ムードや混乱の影響もあって、これまで以上に資金繰りが厳しくなる企業が増えると予想されています。

資金繰りが厳しい時に今すぐできることとして5つの対処法を解説した上で、今後資金繰りが厳しくなってしまわないようにする改善法についても解説します。

1.資金繰りが厳しい時に今すぐできる5つの対処法

資金繰りが厳しいとお悩みの経営者にとって、それを解決することは喫緊の課題です。時間が経てば経つほど状況が悪くなってしまいますし、最悪の場合は資金ショートによる倒産や経営破綻も考えられます。

そこで最初に、資金繰りが厳しい時にできる5つの対処法について解説します。

1-1.金融機関に借り入れを申し込む

真っ先に考えられるのは、取引のある金融機関に対する借り入れの申し込みです。取引実績が長く、良好な取引ができているのであれば融資を引き出せる可能性が高く、借入金で資金繰りを改善することができます。

資金繰りが悪くなった原因が新型コロナウイルスの影響である場合は、政府系金融機関による融資制度を利用できる可能性があります。特に2020年になってから資金繰りが悪化している場合は、以下の相談窓口に相談してみるのもひとつの方法です。

1-2.ビジネスローンに申し込む

取引がある金融機関からの借り入れが難しい場合は、事業者向けの融資であるビジネスローンを検討してみてください。ネット銀行やノンバンクなどが設けている融資商品で、取引金融機関より金利は高くなりますが、事業者向けを謳っているローンなので、融資には積極的です。

以下に3つの商品をご紹介しますが、ビジネスローンは他にも多くの種類があります。

1-3.支払いを待ってもらう

金融機関などからの借り入れが難しい場合は、支払いを待ってもらう方法を検討します。取引先に支払いを待ってもらうのはリスクが高いので、支払いを待ってもらう相手の優先順位を明確にしておく必要があります。

推奨される優先順位は、以下の通りです。

  1. 税金
  2. 社会保険料
  3. 銀行融資の返済
  4. 家賃などの固定費

税金や社会保険料については交渉の余地があるうえに、取引先ではないため信用不安が広がりにくく、資金繰りが厳しい時にはこれらの納税や支払いについて交渉してみてください。

1-4.ファクタリングを検討する

ファクタリングとは、専門の業者に売上債権(売掛金)を買い取ってもらうことで現金化ができるサービスのことです。支払日が未到来の請求分がある場合、その支払いを早く受け取ることができれば、資金繰りに充てることができます。取引先がその事情を汲んで早めに支払ってくれるのであれば問題は解決しますが、そうはいかない時に便利なのがファクタリングです。

ファクタリングには大きく分けて、「2社間」と「3社間」があります。2社間ファクタリングは業者から買い取り代金の前払いを受け、取引先からの支払いがあったら業者に売掛金を支払います。2社間ファクタリングの場合は取引先に債権を譲渡することへの承諾が不要なので、信用不安を広げるリスクが低いメリットがあります。

もう1つの3社間ファクタリングは、業者が間に入る形です。債権が業者に譲渡されるため取引先の承諾が必要になりますが、3社間ファクタリングのほうが手数料が安いというメリットがあります。

1-5.会社の資産を売却する

借り入れやファクタリングが難しい場合は、会社の資産を売却して現金化する方法を検討します。会社の資産には、3つの種類があります。流動資産(現金や預金、有価証券など)と固定資産(不動産や権利、備品など)、そして繰延資産(開業費や社債発行費)です。

ここで売却の対象になるのは、2つ目の固定資産です。資金繰りが厳しくなった大企業が本社ビルを売却したというニュースが報道されることがありますが、これが固定資産の売却です。売却してしまうとさらに経営が苦しくなることも考えられますが、現状の資金繰りを改善するための即効性はあります。

2.なぜ資金繰りが厳しくなったのか

ここでは、そもそもなぜ資金繰りが厳しくなってしまったのか、その原因を探ってみたいと思います。今の厳しい状況を脱したとしても以下の4項目に当てはまるものがいくつもあるようであれば、再び資金繰りが悪化してしまいます。それを回避するために、原因を究明していきましょう。

2-1.ずさんな財務、経営管理

どんぶり勘定という言葉があります。家計レベルのどんぶり勘定なら影響は少ないかもしれませんが、企業経営でのどんぶり勘定は致命的なリスクになることがあります。「利益は出ていると思う」「最近何となく経営が苦しいと感じる」といったように、財務内容が明確ではない状態を放置すると、いざ問題が表面化した時に手遅れになっている可能性大です。

経営の可視化は資金繰り改善のためにも必須なので、特に資金繰り対策として「資金繰り表」を作成することをおすすめします。入金項目と出勤項目をそれぞれ時系列で並べて、Excelなどで作成するだけでもお金の流れがとてもよく分かるようになります。

2-2.不利な支払いサイト

不利な支払いサイトになっている取引先が多いとお感じではありませんか?2ヶ月や3ヶ月先の支払いになっている取引先が多い一方で、従業員の給与は毎月発生しますし、仕入れ先への支払い日が入金日よりも早く到来する場合、自社で資金繰りをする必要があります。不利な支払いサイトになっている取引先が多いと、どうしても資金繰りが苦しくなってしまいます。

2-3.銀行との付き合いが希薄

今どきは銀行などメインとなる金融機関を持たずに事業を行うことも珍しくありませんが、やはり資金繰りにおいて銀行が強い味方である事実は今も変わりません。先ほども資金繰りが厳しいと感じた時にまず取れる対策として一番目に金融機関への借り入れを挙げています。

それでは「銀行との付き合い」とは何でしょうか。最も典型的なのは、融資の利用と返済です。これを何度も行っているうちに実績がついていくため、融資を引き出しやすくなります。これまで銀行とあまり取引がなかった場合、いざとなった時に融資を利用できないために資金繰りが悪化する事態は十分考えられます。

2-4.無駄な経費

企業経営には、実は多くの無駄が潜んでいます。よく見られるのが、取引先とのお付き合いで入会した何らかの会費や保険料、使用料などがほとんど無意識のうちに経費となっているケースです。先代から事業を継承した場合、先代の頃のお付き合いで支払うようになった経費の中に、今はほとんど意識すらされていない経費があるかもしれません。

3.今後の資金繰りを改善する5つの方法

今回、資金繰りを乗り切ることができたとしても、問題が放置されたままだと再び資金繰りが厳しくなる可能性があります。この機会に、資金繰りの改善にも着手しましょう。ここでは5つの方法を解説します。

3-1.健全な支払いサイトを構築する

すでに述べたように、支払いサイトの最適化は資金繰りに直結します。取引先からの支払いよりも先に給与や仕入れ先への支払いがやってくるような支払いサイトだと資金繰りの問題が発生しやすいので、少なくとも取引先からの入金と出金が同じタイミングになるように健全化を進めましょう。

3-2.銀行との付き合いを重視する

資金繰りが厳しくなった時に真っ先に資金を調達する候補となるのが、取引銀行です。これまであまり銀行との付き合いがなかった、希薄であったために融資を引き出せなかったのであれば、これからは銀行との付き合いを重視するようにしましょう。

特段の必要性がなくても融資を利用し、それを返済することで実績を作れば、それが信用となるため以後の融資が利用しやすくなると考えられます。また、このように融資や返済という付き合いがあれば、担当者間の人間的なやり取りも多くなるため、人間関係レベルでも付き合いを深くすることができます。

3-3.取引先の健全性を精査する

以前から取引があるからという理由だけで取引が続いている場合は多いと思いますが、その取引内容が健全であるかどうかは精査が必要です。

長く取引がある = 優良な取引先である

とは限らないという思考で、「聖域なき改革」を試みてください。以前のままだと不利な条件になっていたり、取引先の経営状態があまりよくないといった問題が見えてくるかもしれません。

3-4.不採算事業、無駄な経費の見直し

長らく不採算のままになっている事業で、今後も好転する見込みがないのであれば、この機会に整理してはどうでしょうか。それと同時に、先ほど述べた無駄な経費についても見直しをするいい機会です。

無駄な出費は資金繰りだけでなく、経営にも悪影響を及ぼします。一度でも資金繰りが厳しくなったのであれば、今後同じ問題を起こしかねない原因を解消しておきましょう。

3-5.社員のモチベーションを向上する

社員のモチベーションは、業績に大きく影響します。業績が向上すれば経営そのものが改善するため、当然ながら資金繰りも好転します。直接的な対策ではありませんが、中長期的な対策として福利厚生や労働条件の見直しなど、社員のモチベーション向上につながる施策は有効です。

4.まとめ

資金繰りにお悩みの経営者の方々に向けて、今すぐできる対処法から、今後また資金繰りの悪化を防ぐための原因究明と対策について解説してきました。まずは今の事態を解決することが先決ですが、目先の問題を解決しただけで満足してしまってはいけません。今後同様の問題が起きないよう、当記事の解説をぜひ参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です