古参社員を活かして企業成長を促進するための心構えと運営ノウハウ3選

古参社員との関係性は企業経営や事業承継においてよくある課題の1つであり、思い通りに動いてくれないと悩む経営者は非常に多くいらっしゃいます。

しかし、古参社員は今まで企業を支えてきた人材であり、事業を引き継いだ社長より企業そのものをよく知っている側面もあるため、うまく関係性を築くことができればさらに企業を発展させることができます。

新型コロナウイルスの流行を皮切りに社会全体のライフスタイルが変化していっている中で、企業も働き方がどんどん変化していくことが予想できます。

そういった世界の流れに乗り遅れずに生き残るためにも、事業をより良くしていくために欠かせない古参社員との関係の築き方や、企業運営のノウハウについて解説します。

1.古参社員との関係性にお困りですか?

古参社員と良い関係が築けていないと、企業運営が円滑にいかずに困ってしまうケースが多々あります。

相手を変えようとするとこの課題の解決はなかなか困難ですが、自分自身の古参社員との向き合い方を変えれば劇的に改善することが可能です。

1-1.古参社員自身を変えようとしていませんか?

事業を継続して、なおかつ改善していくためにはやり方を時代の流れに合わせて変えていく必要があります。

しかし、古参社員は今までの考え方や業務のやり方に慣れており、これまで築き上げてきたものに誇りを持っている人も少なくありません。

そのため「今までのやり方を変えろ」や「変われ」などと言われても、しっかりとした信頼関係が築けていないと素直に聞けないのが人間の心理というものです。

また、古参社員を変えようとする言動や行動は彼らに「自分が否定された」という気持ちを抱かせてしまい、余計に言うことを聞かなくなってしまう可能性があります。

1-2.「従わせよう」という心は反発を生む

事業を引き継いで運営していく立場として、自分がしっかりしなければならないと思うのは自然なことです。

しかし、古参社員の方が社歴が長くて企業を作り上げてきた経歴もあります。そのため、「従わせよう」と上から指示を出すとなかなか受け入れてくれないというのは、古参社員の気持ちを考えれば仕方のないことです。

むしろ従わせようとする言動や行動は好意どころか反発を生み、逆にお手並み拝見という態度をとられる可能性があります。

1-3.古参社員は変えるよりも「活かす」ことを考える

古参社員は今までの社内キャリアを大事にしており、変化を望まない傾向があります。そのため、「変えよう」としたり「従わせよう」とするのではなく、「活かす」ことに切り替えることが大切です。

古参社員の扱い方を間違えると若手を含む全社員からの信頼を失う恐れがあるので、彼らを目の上のたんこぶにせずに活かせる場所を提供してヤル気を出させることが、経営者としての腕の見せどころです。

2.古参社員を目の上のたんこぶにしない!良い関係を築く3つの心構え

古参社員の扱いに困って目の上にたんこぶになってしまっている企業は多いですが、良好な関係が築ければ良いアドバイスをくれる頼もしい存在になります。

そのための心構えを3つ伝授しますので、ぜひ実践してください。

2-1.謙虚な姿勢を忘れない

古参社員が仕えていたのはこれまでの企業体制や社長であり、最初から新しい社長を全面的にバックアップしようと考えている人はむしろ少数でしょう。

このため、「自分達が会社を支えてきた」という古参社員の思いを否定すると反発を生むことや、彼らのヤル気を削いでしまうことにつながります。

事業を引き継ぐ経営者に必要なのはビジョンの浸透やシステムの構築といった表面的なことだけでなく、今まで会社を支えてきてくれたことに対する感謝と、もっと企業を良くするために知恵を借りたいという謙虚な姿勢です。

2-2.下手(したて)に出る必要はない

先ほど、経営者には感謝の気持ちや必要な時に相談する謙虚な姿勢が大事だとお伝えしましたが、必要以上に下手に出る必要はありません。

事あるごとに意見を仰ぐような態度をとってしまうと古参社員に軽んじられてしまい、それが若手にも伝わって企業運営が難しくなるリスクがあります。

古参社員に相談して意見を聞く時はあっても、決定権はあくまでも経営者にあることを忘れないようにしましょう。

2-3.重要な情報はいの一番に報告する

重要な情報は、古参社員にもいの一番に報告するようにしましょう。

古参社員に頼り切ってはいけませんが、「そんな重要な話は聞いていません」となってしまうと信頼されていないと感じられてしまったり、ないがしろにされていると思われて関係性が悪化してしまう恐れがあります。

このような細かい配慮はなかなか難しいところではありますが、古参社員の顔を立ててヤル気を削がない意味でも非常に重要です。

3.古参社員を活かしながらより良い企業運営を行うノウハウ3選

古参社員は慣れ親しんだやり方や考え方を変えることに対して、抵抗感や恐怖心を抱きやすい傾向があります。

その意識を払拭しつつ彼らをうまく活かして企業運営をする方法として、彼らを巻き込んで企業改革を進める手段があります。そのノウハウを3つ厳選して解説しますので、ぜひ企業運営に役立ててください。

3-1.経営計画の作成に古参社員を巻き込む

企業運営の今後の目標や考え方、ビジョンの可視化のための経営計画の作成に古参社員を巻き込むと良いでしょう。

それによって自分達の頑張りが企業存続のために必要であるという気持ちが芽生え、変わりたくないという意識を少しずつ変えていくことが可能になります。

3-2.定期的に顔を合わせてコミュニケーションをとる

業務上の連絡を指示してそれっきりでは、古参社員との関係は良好になりません。

定期的に顔を合わせて経営計画の進捗報告を行い、目標達成に向かって協力し合う場を作る努力が必要です。仕事を通じたコミュニケーションをとることで、関係性を良くして信頼関係を築いていく効果が期待できます。

3-3.古参社員同士を競わせる

古参社員から出た提案を採り入れることや、経営計画に則した具体的な役割を与えることを行い、成果を社内周知するなどして意欲を促進し、競わせるのも有効です。

そうすることで目の前の仕事だけこなせば良いという意識を変えるとともに、古参社員が仕事を抱え込むことで若手や企業自体が成長できないリスクを緩和できるでしょう。

ただし、これだけの成果を挙げたのに会社は何もしてくれないという不満を生まないために、きちんと評価することを忘れないようにしましょう。

頑張りがしっかりと評価されていると実感できれば、古参社員のヤル気がアップするとともに若手の成長にもつながり、企業全体の風通しを良くすることも可能になります。

4.まとめ

古参社員をうまく活かせるかどうかは経営者自身の責任であり、手腕が問われるところです。

「古参社員が思い通りに動いてくれない」ではなく、自分自身のやり方を常にブラッシュアップしながらより良い企業運営を目指して頂きたいと思います。

そのためにも本記事で解説した、古参社員と良好な関係を気付くための心構えや運営ノウハウを、今後の企業運営に採り入れて実践してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です