経営者必読!会社とビジネスがわかる決算書の読み方のキホン

経営者は決算書の読み方を必ず知っておかなければなりません。それは会社の状態を端的に知ることのできるものが決算書であるためです。

つまりあなたの会社が現在どのような状態にあり、どこを改善すべきか…それは決算書から見つけられるわけですね。

しかし決算書は数字の羅列であり、慣れていないとどこに注目すべきかわからなくなります。そこで今回は、これから会社を健全に経営していくために必要な決算書に関する知識を紹介します。

あくまで初心者向けの内容ですが、ここで立ち止まって決算書の読み方を再度確認してみましょう。

記事の中では、貸借対照表・損益計算書・キャッシュフロー計算書という3つの代表的な書類について解説します。それぞれの違いをふまえて、基本的な読み方を理解していきましょう。

そうすることで、決算書からあなたの会社の今が見えてくるでしょう。記事の後半では決算書を読む際の参考になる書籍も紹介します。つまずいた際に利用してみてください。

代表的な3つの決算書の違いを理解しよう

決算書の読み方を学ぶためには、はじめに決算書がどのような書類を指すかを知る必要があります。そもそも決算書は一般的な用語であり、それの示す範囲が不明確です。決算書に近い意味を持つ法的用語には「財務諸表」があります。そして財務諸表には以下の5つが含まれます。

  • 貸借対照表
  • 損益計算書
  • キャッシュフロー計算書
  • 株主資本等変動計算書
  • 附属明細表

これらはすべて重要な書類ですが、経営に会社の状態を端的に示すものは「貸借対照表」「損益計算書」「キャッシュフロー計算書」の3つです。そのため、この記事では、

「決算書とは、貸借対照表・損益計算書・キャッシュフロー計算書の3つを指す」

と定義して解説してきます。それでは3つの書類の違いを簡単に紹介します。

貸借対照表

はじめに貸借対照表について解説します。貸借対照表とは以下のような書類を指します。あなたも会社のものを見たことがあるのではないでしょうか?

貸借対照表は会社の現在の財政状態を示します。そのため「(○○○○年○○月○○日現在)」という表記があるのです。これに対して、これから紹介する損益計算書とキャッシュフロー計算書は一定期間における変動を示す書類となります。

上の画像の通り、貸借対照表には大きく分けて以下の3つの項目があります。

  • 資産の部:会社の保有する財産や権利を示す
  • 負債の部:会社が負っている債務を示す
  • 純資産の部:会社の自己資本を示す

そして貸借対照表における左右の最下段にある「資産の部合計」と「負債・純資産の部合計」の合計額は必ず一致します。

損益計算書

続いて損益計算書について解説します。損益計算書は以下のような書類です。

このように損益計算書は最上段に一定期間における売上高があり、そこから様々な費用を引いていき、最終的に法人税等まで支払った上で残った純利益が表されます。

貸借対照表と比較すると、損益計算書はわかりやすいのではないでしょうか。利益に対する原価の割合などが一目で理解できますね。

キャッシュフロー計算書

最後にキャッシュフロー計算書について解説します。

 

キャッシュフロー計算書は、書類の中にも示されている「現金および現金同等物=キャッシュ」の動きを示しています。会社の営業活動では、商品およびサービスの提供と売上金の回収に時間差があるのが通常です。

つまり1億円の売上を立てても、その代金の回収が3年後ならば、それまでは手持ちの現金および現金同等物で借入金を返済し、社員の給与を支払わなければならないのです。このように会社にとっての生命線ともいえるキャッシュに注目できるのがキャッシュフロー計算書です。

実例あり!貸借対照表の読み方

ここでは貸借対照表の実際の読み方を確認しましょう。貸借対照表は上で示したものを使います。

それでは貸借対象をいくつかのポイントから読んでいきましょう。

債務超過状態にあるか否か

貸借対照表で第1に確認したいのは、「純資産の部合計」がマイナスになっていないかです。ここがマイナスということは債務超過の状態といえるためです。債務超過とは、全ての資産を売却しても返済できない債務を抱えている状態であり、会社として危険な状態ということができます。

向こう1年の会社の安全性

貸借対照表にある「流動資産」と「流動負債」を使うことで、向こう1年の会社の安全性をチェックすることができます。それぞれ以下の意味を有します。

  • 流動資産:1年以内に資金にできるもの
  • 流動負債:1年以内に支払い期限が訪れるもの

つまり流動資産が流動負債を上回っているならば、向こう1年は会社の財政状態は安全ということができます。

売掛金が適切に回収できているか

売掛金とは、すでに商品およびサービスを提供しているものの売上代金が未だ入ってきていないものです。そのため貸借対照表における売掛金の額が数か月分となっている場合は、そもそも売掛金の回収が上手くできているか否かをチェックする必要があります。

不良在庫の有無

棚卸資産は在庫を意味します。仮に在庫の中に販売も現金化もできないものがある場合、棚卸資産の金額を修正する必要があります。また在庫が多すぎる場合は、販売数と生産数が合っていない恐れもあります。

不良化した在庫は迅速に貸借対照表に反映させ、会社の財政状態を正確に把握しましょう。

実例あり!損益計算書の読み方

次は損益計算書の読み方を確認しましょう。

損益計算書ではじめに確認すべきは以下のポイントです。

今年は儲けることができたのか

損益計算書で最も重要なのは最下段にある当期純利益です。ここがプラスであれば、1年間を通して会社は利益を上げられたことを意味します。反対にマイナスであれば、会社は赤字だったことを意味します。

赤字になる会社に多いのは、損益計算書の中段にある「販売費および一般管理費」がかかりすぎている場合です。つまり売上高に対して、間接的な費用が大きすぎるのです。その原因には様々で役員報酬が過剰であったり、旅費交通費が過剰だったりします。売上と費用のバランスを簡単に確認できるのが損益計算書です。

本業でどれだけ稼げているか

当期純利益と並んで重要なのが営業利益です。営業利益は会社が本業で稼いだ利益を示します。つまり貸付金による利息や(投資を本業としていない会社による)投資結果などを除いて、本業でいかに利益を上げることができたかです。

会社が安定すると経営者は事業の幅を広げようと様々な副次的業務に手を出しますが、それが原因で本業が疎かになっていないかなどをチェックできるのですね。

実例あり!キャッシュフロー計算書の読み方

さいごに確認するのはキャッシュフロー計算書です。

キャッシュフロー計算書では、以下のポイントを確認してみましょう。

本業でキャッシュを回収できているか

本業で順調にキャッシュを回収できているかを知るためには「営業活動によるキャッシュフロー」を確認します。ここがプラスになっていると、本業が順調であるということができます。反対にここがマイナスの場合は、本業そのものか売上代金の回収に問題があるとわかりますね。

設備投資の進み具合

会社が成長すると、それに合わせて設備投資が必要となります。それこそ社員が増えればそれだけ器具備品が必要となり、場合によってはより広いオフィスが必要となるでしょう。そのため会社が成長している場合、「投資活動によるキャッシュフロー」はマイナスとなっても原則として問題はありません。

投資活動によるキャッシュフローについては、プラスかマイナスかで良し悪しを判断するのではなく、なぜプラスになったのか、なぜマイナスになったのかという理由が重要です。

決算書の読み方を学ぶおすすめ書籍3選

会社経営を始めたばかりの経営者に向けて決算書の基礎的な読み方を解説してきました。しかし、この記事で解説したのはあくまで一部の知識にとどまります。決算書からは上記したもの以外の様々な情報を読み取ることができます。以下はそれを学ぶ際におすすめの3冊です。

世界一シンプルでわかりやすい決算書と会社数字の読み方

「世界一シンプルでわかりやすい決算書と会社数字の読み方」は初心者向けの内容ですが、余計な解説がないためシンプルに決算書を理解することができます。

引用:amazon.co.jp

細かな知識を得るというよりは、全体を大まかに理解しつつ決算書における目の付け所を自分の中に養っていくことに適しています。決算書を知るためのはじめの1冊として最適です。

【改訂版】[ポイント図解]決算書の読み方が面白いほどわかる本

「【改訂版】[ポイント図解]決算書の読み方が面白いほどわかる本」も初心者向けの内容となっていますが、図が豊富な点に特徴があります。

引用:amazon.co.jp

また電子書籍版もあるため、スマートフォンや電子書籍リーダーの中に1冊を入れておくと、隙間時間に読みやすく、また決算書を読む中で疑問があったときに迅速に参照できて便利です。

社長のための「中小企業の決算書」読み方・活かし方

「社長のための「中小企業の決算書」読み方・活かし方」は、タイトルの通り中小企業の社長のための1冊です。完全な入門レベルではないため、上で紹介した2つを読んでからをおすすめします。

引用:amazon.co.jp

一般的な決算書の読み方には大企業向けのものも多いため、この本で中小企業の事情を加味した知識を備えると万全です。また金融機関との交渉で使えるポイントも豊富なため、本格的に中小企業の経営に携わる前に通読するのをおすすめします。

決算書の読み方をセミナーで学ぶ際の注意点

最後に決算書の読み方をセミナーで習得することについて注意点を解説します。これから経営に乗り出す際、セミナーを使って効率的に決算書の読み方を学びたいと考える場合があります。

しかし、知識ゼロの状態でセミナーに参加するのはおすすめしません。それは以下の2つの理由によります。

  • 超初心者向けセミナーで話される内容は簡単なため、書籍で習得する方が効率的
  • 中級者以上を対象としてセミナーは最低限の知識がなければ理解できない

以上のように、これから決算書を学ぼうとする段階でセミナーに参加するのは効率が悪いのですね。そのためまずは書籍で初歩的な知識を理解するべきです。

まとめ

以上のように決算書を読む際は、貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書を区別し、それぞれの初歩的なポイントを理解することが重要です。どれも数字が並べられた書類ですが、それぞれの役割は大きく異なります。

貸借対照表:ある時点における会社の財政状態を示す

損益計算書:ある期間における会社の活動の結果を示す

キャッシュフロー計算書:ある期間における会社のキャッシュの動きを示す

以上のとおり、3つの書類の違いはしっかりと理解しておきましょう。その上であなたの会社の決算書を手元に置きながら初心者向けの書籍を読むと、理解が一気に深まるでしょう。

決算書の読み方は数字に関する知識なので、はじめのうちは実感を持つのが難しいかもしれません。そのため、あなたの会社の問題と関連づけて学ぶのがおすすめです。あなたも決算書を使いこなして、会社経営をより効率化できるようになりましょう。

合わせてこちらの記事も確認してください。

おすすめ本8選!財務の意味と業務を理解して勉強を始めよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です